お知らせ

美術科からのメッセージ
茨城県立取手松陽高等学校 美術科
 

本校美術科は広く県内外から期待が寄せられています。

将来美術文化の発展に貢献できるよう,豊かな感性を育てます。

 

平成年に県内唯一の美術科として設置され,以降20年以上にわたり,それぞれの美術分野における優秀な人材を輩出してきました。現在は笠間高校とともに,県内では校の美術科設置校となり,茨城県内の高校美術をリードしています。

本校美術科は,東京芸大をはじめ,国公立美術大学,私立美術大学,短大と,毎年着実な進路実績をおさめ,多様な分野における進路指導の充実を図っております。

また生徒の作品は,つくば美術館をはじめ,様々な公共施設等に展示・発表する機会を得ることができ,充実した作品制作の励みとしています。



美術科
教育目標

美術に関する基礎的・基本的な教育を行い,表現力や鑑賞力をのばす。
美術を学ぶことで,将来は美術文化の発展に貢献できる人間を育てる。
少人数制による,個に即したきめ細やかな指導を行なう。
美術館見学,特別講座などで,美的感性を養う。
美術大学などへの進学に対応するために,普通教科の充実をはかる。
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立取手松陽高等学校