学校紹介動画2018
学校紹介動画  
学校紹介マンガ,マップ(2018.10月~)
美術科,音楽科実技講習会→学校説明会,体験入学

 lastupdate2018.12.10
 

弾道ミサイル発射時の登下校における安全確保について

                                                                
事  務  連  絡
                                                                    平成29年10月24日

保護者 各位
                                                      
茨城県立取手松陽高等学校長 小幡 法男 
                                                                                    
                 弾道ミサイル発射時の登下校における安全確保について
 
 錦秋の候,ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 また,保護者の皆様には日頃から本校の教育活動についてご理解,ご協力を賜り,心より感謝申し上げます。
 さて,8月29日(火)および9月15日(金)に北朝鮮から弾道ミサイルが発射され全国緊急警報システム(Jアラート)が作動・発令されました。本校でも9月15日(金)にはチャーターバスの運行安全を考慮して第1時限目をカットして対応しましたが,今後もミサイル発射の危険性が想定されます。しかしながら,弾道ミサイル飛来コース,落下場所ごとに本校への影響も差違が生じており,ケースごとに細かな対応が必要であると考えています。
 つきましては,Jアラートが作動・発令された場合の対応を第1報,第2報以降により下記のように計画しましたので,ご理解・ご協力をお願いいたします。
                                        記
1 第1報及び第2報以降の警報内容について
  第1報   ミサイルの発射情報・避難の呼びかけ
  第2報以降(3ケース) 
 Ⅰ 日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合
        第2報:直ちに避難することの呼びかけ
    第3報:落下推定情報
 Ⅱ 日本の領土・領海上を通過した場合
    第2報:通過情報
 Ⅲ 日本の領海外に落下した場合
    第2報:落下推定情報
2 登校前
 (1) 第1報(ミサイルの発射情報・避難の呼びかけ)発令
  ○ 生徒は自宅待機・避難。
 (2-1)第2報(落下情報:日本の領海外に落下した場合)
   第2報(通過情報:関東地方以外を通過した場合)
  ○ 安全を確認して登校。
 (2-2)第2報(通過情報:関東地方を通過した場合)
   第2報(落下場法:日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合)
   第3報(落下推定情報:日本の領土・領海に落下)
  ○ 安全確保・避難。
  ○ 以後は,学校からの指示に従う。(緊急メール,緊急連絡網)
   ※ 休校を前提とします。
3 登校時
 (1) 第1報(ミサイルの発射情報・避難の呼びかけ)発令
  ○ 生徒は別添資料により身の安全を確保する。
 (2-1)第2報(落下情報:日本の領海外に落下した場合)
   第2報(通過情報:関東地方以外を通過した場合)
  ○ 安全を確認して登校。
 (2-2)第2報(通過情報:関東地方を通過した場合)
   第2報(落下場法:日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合)
   第3報(落下推定情報:日本の領土・領海に落下)
  ○ 安全確保・避難。
  ○ 以後は,学校からの指示に従う。(緊急メール,緊急連絡網)
   ※ 休校を前提とします。
4  下校時
    下校時刻に弾道ミサイル飛来等に関するJアラートが作動・発令された場合は,生徒を待機させ,「下校時刻を遅らせる」などして「安全確認」をしてから下校させる。その際,保護者には,緊急メール配信システムや生徒本人を通して連絡する。その後,安全が確保されれば,速やかに下校させる。
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立取手松陽高等学校