教育目標、方針

教育方針
 地域社会の要望に応えて,創造性豊かで進取の気概を持ち,友愛の心を重んじ,知性豊かで心身ともに健全な人材の育成に努める。


教育目標
1 各学科の特色に応じて生徒一人一人を生かす教育を基本目標として,自ら進んで学習する意欲や態度を養う。
2 人間としての在り方や生き方を自ら考え,将来の進路を自ら選択して自己実現ができるよう育成する。
3 スポーツや体力の向上を重視し,心身ともに明朗で,健康な人間を育成する。
4 芸術教育を通して,豊かな感性を培い,協和の精神を重んじ,人間尊重の心を育てる。
5 広い視野をもち,国際社会に貢献し得る人材を育成するとともに我が国の文化を理解できる調和のとれた人間を育成する。
6 勤労や創造の喜びを体験させ,望ましい職業観や奉仕の精神を涵養する。

 

校訓


校訓
 校章の由来 
自律 水と緑と太陽の恵みを受けながらはぐくまれた戸田井の沃野に,威風堂々と開校した近代的な学び舎に集い合う若人が,「自律」「創造」「協和」を目標に切磋琢磨し,躍進する松陽高校生の雄姿を表している。
 円形は太陽を,三角形は緑豊かな樹姿(針葉・広葉樹)を表すとともに,底辺の両三角形(利根川と小貝川)と上部の三角形(樹木)に囲まれた逆三角形が小文間の地域を表している。
 なお,松の葉は若人が学校に集い,さらに発展する様子とペン先を意味している。 
創造
協和
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立取手松陽高等学校